ラモデルブ

自身の制作したプラモデルについて書くブログでしたが、PC関係のブログになり、その後クルマ・バイク他、雑多な内容について書き綴る日記になりました。

CVT不具合?


色々あって更新が滞っています。

色々あったことのひとつ、デュアリスの次の車、デイズルークスがようやく納車されました。
また色々インプレ書こうと思うのですが、まだ100km乗っていないのでもうちょい乗ったら書きます。

ただ、CVTの動きが全然違います。違うというのはワゴンR MH34Sのとです。
両車ともにジヤトコっつートランスミッションメーカー製のCVT7(JF015E)という副変速機付CVTを使っているわけです。ファイナルレシオなど微妙に違いますが、基本的な機構は共通(のはず)。

では何が全然違うのかと言うと、アイドルストップ停止時の挙動です。
どちらも13km/h以下でエンジン停止するシステムです。

私はブレーキから停止するとき、じわじわペダルを踏み込んでいき、最後にほんの少し力を抜いて止めるという方法で停止するのですが、デイズルークスはそういう操作をしても違和感なく停まってくれます。

しかし、ワゴンRはアイドルストップした瞬間、エンブレ的な減速感がぐぐっとかかります。その後、停まる瞬間もう一回急ブレーキ的につんのめります。停止直前にちょっとでもブレーキペダルから力を抜くとエンジンが再始動したり、再始動しなくても抜いた瞬間エンブレチックな減速感が出て車体が揺れるため、上述の私の停止方法は使えず、一定で減速していって、最後にギュッと踏んで停める、という方法がこの車の最善停止方法になってしまいます。

車が前にいない、すでに停車しているのでしたら、この方法でもなんとか我慢できるのですが、前の車が強く減速する→クリープくらいのスピードでゆっくり進みながら減速して停車しようとしている場合や、一度停車したのにまたじわじわ進んで距離を詰めていく下手くそが前の場合、こちらもそれに合わせようとすると↓になります。

13km/h以下なのでアイドルストップ→エンブレ強いため前車よりだいぶ前で停止しそうになる→ブレーキ少しだけ抜く→エンジン再始動でグワングワンorクリープが始まりグワングワン→前車が停止しそうなので再びブレーキ踏む→エンブレが切れるのかまたグワングワンしながら停まる。
というよくわからん挙動となります。

多分、エネチャージのバッテリー回生の切り替えがうまく行ってなくてエンブレと回生ブレーキとクリープの切り替えで振動が発生しているのではないでしょうか素人考えですが。私のデイズルークスはバッテリー回生のないグレードなのでそのあたりが発生しないのかも。

ただし、このワゴンR、高速でベタ踏みするとウワンウワンウワンと回転数がハッチングするのでCVT自体が不良品のような気がします。一度同症状でリプログラムしてもらっているのではありますが……。

まだ4万キロも乗っていないし、5年もギリギリ経っていないので、次の点検で交換をお願いしようかと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント

コメントする