ラモデルブ

自身の制作したプラモデルについて書くブログでしたが、PC関係のブログになり、その後クルマ・バイク他、雑多な内容について書き綴る日記になりました。

日産デイズ・ハイウェイスターXで250km走行

日本に帰ってきました。

成田空港からの帰りに荷物が多かったのと着いた時間が早かった(7:00前!)なのでレンタカーでデイズを借りて乗り捨てで帰りました。

出た当初から走らないだの、最近では燃費偽装だなんだと言われていて散々な評価で、私も出た当時の2013年に試乗して初期型のあまりの走らなさにワゴンRを買った経緯があります。

そして改良を経て現在どうなったか素人レポートです。
自分の中の比較対象はMH34型のワゴンRになります。

★コース:
成田~静岡 250km弱ほぼ高速
時間帯7:00-10:00
首都高の朝渋滞、東名集中工事の渋滞など30分くらいはまる。

★エクステリア ★★★★☆
軽らしくないコンパクトカーっぽい外見です。
ちょっとメッキがくどいかも。ノーマル顔が好みです。
でもノーマル顔だと装備がしょぼいのですよね。

★インテリア ★★★★☆
黒基調で質感高い。
インパネ、ドアトリムの質感など上のクラスの車からダウンサイジングしても、納得はできる。
ソフトパッドなどは使ってないですけれども。

★装備 ★★★★☆
オートライト・オートエアコン有りでアラウンドビューモニターもあり。自動ブレーキもあるしVDCも装備。革巻きステアリングも装備。
これでクルコンやステアリングスイッチがあれば完璧です。

★動力性能 ★★☆☆☆
初期型よりはマシになっていましたが、出だし~3000回転までのトルクが薄くスピードに乗るまでエンジンだけが回る感じ。副変速機付きCVTのウニョーンという副変切り替えタイミングが3000回転前後で重なっているため、更にエンジンだけを回す感じが重なり走らない感が高まります。
60kmくらい出せばトルクがついてくるので問題ないですが、低回転のトルクの薄さはエンジン換えないとどうしようもないです。同じCVTを使っているワゴンRより1000回転上を使って走っている感覚です。

★ハンドリング ★★★☆☆
コーナーで気持ちよく曲がったなーと感じるところとしっくりこないところがあり、ムラがあります。自分の中の評価が安定せず不思議な感じです。足が柔らかめだからバラつくのかな?

★乗り心地 ★★★☆☆
柔らかめの足なのか高速の段差のいなし方は、ガタンと振動がくるワゴンRより上。
遮音性も上です。軽にしてはどっしりしていていい感じです。
昔のekワゴンとよく似ているように感じました。

★燃費
特に燃費を意識せず、高速100km/hくらいでガンガン飛ばし、渋滞にもはまりました。またエンジンもワゴンRに比べて回り気味であまり期待していませんでしたが、満タン方で23.0kmでした。自動給油停止後もガソリンをギリギリいっぱい入れてのこの数値でした。


★総評 ★★★☆☆
これで燃費が悪ければ、やっぱりねーという結論だったのですが、結構良かったので総評
に困りました。でもエンジンの低回転トルクの無さはまずいと思いました。エンジンさえしっかりしていれば買いの車だと思います。ですので愛知機械製のエンジンに代わるらしい次の日産の軽自動車に期待です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント

コメントする