ラモデルブ

自身の制作したプラモデルについて書くブログでしたが、PC関係のブログになり、その後クルマ・バイク他、雑多な内容について書き綴る日記になりました。

グラストラッカーのカスタム ツーリング仕様 2/12追記

グラストラッカーにいろいろ手を加えました。



まずはタナックスのサイドバッグ3の積み方です。
バッグは2つまとめてシートの上から乗せることにしました。片側だけだとずれてくるのと、タンデムシートの上に載せたほうが安定するためです。
またバッグの接続には付属説明書で使われていた革紐ではなく、靴紐っぽい方にしました。革紐だとボロボロカスが出てしまうためです。
また、バッグがバタつかない・落下しないようにタナックスのMP-13ホルダーベルトで固定しました。当初考えていたスチールワイヤーはバッグの取付部がガリガリ削れるのでボツにしました。
さて余ったワイヤーはどうするか……。家具の固定にても使いますかね。

2/12追記
バッグ固定の最適解=リピートタイにしました。いわいる再利用できるタイラップです。
サドルバッグサポートの固定、バッグの接続両方にリピートタイを使います。ガッチリ固定でき取り外しもスムーズなので今のところこれ以外なしかと思います。



続いてはハンドル回りです。
腕上がりのポジションに慣れないため、ハンドルはハリケーンのフラットコンチ1型へ換えました。一気に普通のネイキッドになりました。
ニーグリップが自然にできるポジションになり、低速時のふらつきが減った感じです。ただ安楽ポジションを求めるなら若干低いかも。ハリケーンのヨーロピアン1型の方がいいかもです。

また、手の防寒最終兵器のキジマのグリップヒーターをつけました。
ダイヤル式で50~100%の温度調整可能。50%でも充分温かいです。外部の熱で暖が取れるようになったので一気に行動範囲と行動時間が広がりました。

これで半日ほど温泉ツーリングに出かけましたが、なかなか快適です。
バッグにはミカンの袋はじめお土産物も入るし、グリップヒーターの効果で手がかじかむこともなくなりました。普通になったポジションのため、今まで腕と腰に来ていた疲労が全身に平準化された感じです。若干肩の疲労集中度が高い気がしますので、あと50mmくらい上げてもいいかも。

大きな課題としては、ハンドルが下がったことでミラーが見にくくなりました。
左折時の自転車を見落としがちになりそうなので、早めに交換したいと思います。


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント

コメントする