ラモデルブ

自身の制作したプラモデルについて書くブログでしたが、PC関係のブログになり、その後クルマ・バイク他、雑多な内容について書き綴る日記になりました。

ロジクールのMK235 ワイヤレスコンボを買った

某サイトのポイントが貯まっていたため、ロジクールのワイヤレスコンボMK235を買いました。USBワイヤレスマウスとキーボードのセットで1680円くらいでした。

ロジクールの他のコンボはだいたい3000円弱~なのに対して、1680円とだいぶ破格だったのです。値段に惹かれてほとんどチェックせず買いました。

ということで開封して質感チェック。まずマウスから。
大昔に1000円で買ったM235rと比較です。白がM235r、グレーがMK235のもの(M170)。

値段なりの質感です。
高さはM235rに対して低いですが、横幅が広く平べったいので手に馴染みやすいです。
M235rのサイドは軟質樹脂ですがMK235のマウスはシボの刻まれた硬質樹脂です。
100万円のコンパクトカーと250万円のセダンの内装くらい質感が違います。シボだけでも必要充分ですけど。

続いてキーボード。
K270と比較です。グレーがMK235。
 
電源スイッチがないのと、キーが全体的に平べったいのと、PrintScreenキー他が省略されているのが違いです。MK235のキーボードに電源スイッチは無いですが、36ヶ月持つそうなので不要みたいです。
質感はキーボードもマウスと同様値段なりですが、キーボードはルックスより打ち心地です。

ということで打ち心地に直結するキートップの比較。
だいぶ高さに差があるので、打鍵感が乏しいのではないかと思いましたが、実際はこれで充分です。こんな見た目でもそこらへんのノートパソコンのキーボードより打ち心地は上質でした。

で、このコンボにはUnifyingがないです。
UnifyingとはロジクールのUnifying USBレシーバーに、他のUnifying対応の製品を紐つけることができる仕組みです。マウス単体を買っても、もともとあるキーボードのレシーバーにマウスを紐つけて1台のUSBレシーバーで2台賄えたりして大変便利です。
USBレシーバーを付け替えれば、別のパソコンでも紐つけた機器がプラグアンドプレイで使えます。
値段のためかMK235ではこの機能がオミットされていますが、とりあえずUSBを挿せばマウスとキーボードが使えるようになるのでこれはこれで使いやすいかも……しれません。

ざっと見てきましたが、ロジクールの他のものとの違いは質感とUnifying機能。
上位のコンボmk270との価格差は1020円(Amazon他)。1020円あれば16GBのUSBメモリなどが買えるので結構な差かもそうでないかも、微妙ですね。

質感はともかく実用性については問題ない割り切ったこのセット、mk270はもう持っているとか、質感にうるさくないとか、マウスとキーボード以外使う予定がない人にはおすすめです。

ロジクール ワイヤレスキーボード[2.4GHz USB・Win/Chrome]&マウス Wireless Combo (108キー・ブラック) MK235

価格:1,680円
(2017/10/27 17:46時点)
感想(0件)


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

人気ブログランキング

コメント

コメントする